夏の空

格安航空券の払い戻し

せっかく格安航空券を購入したけれど、別の予定が入ってしまったのでキャンセルしなければいけないという場合もあるでしょう。また、天候不良によって欠航になってしまうこともあるでしょうが、このような場合には、払い戻しをしてもらえるのでしょうか。また、キャンセル料などは取られてしまうのでしょうか。

天候不良で欠航する場合には払い戻しが可能

デフォルメの台風
現在の日本は災害が頻繁に発生しています。
特に飛行機は災害の影響を受けやすくなっていますし、空を飛んでいるので事故が発生すれば大惨事になるのが一般的です。
そのため、運航する場合の天候には十分注意しているので、天候不良で欠航ということもよくあるでしょう。
このような場合には、チケットを購入するときに支払った料金の払い戻しは可能になるのでしょうか。
もちろん一般的な航空券の場合には払い戻しになるので、格安航空券であってもきちんと払い戻しをしてもらうことが可能です。
払い戻しをしてもらう方法としては、空港の窓口で手続きを行う方法が多いでしょう。
もしくは購入したチケットの航空会社から払い戻しを受けることも可能になっています。
ただし、天候不良の場合には、払い戻しとは別の対処法もできるのです。
それは運航している航空会社に変更する方法や、別の便に変更してもらうという方法なのですが、大前提として席が空いていなければいけません。

キャンセルする場合の払い戻し

天候不良ではなく、自己都合で払い戻しをする場合には、きちんと支払った料金は戻ってくるのでしょうか。
もちろん自己都合であってもキャンセルをすることは可能になっているものの、インターネットの航空券販売サイトで購入した場合、そのサイトから払い戻しをすることはできません。
あくまで購入した航空会社から払い戻しをしてもらうようになります。
ただし、キャンセルする場合には手数料を取られてしまうのが一般的です。
また、キャンセルできる期間を過ぎてしまった場合には、キャンセル料を取られることが多いでしょう。
そのため、キャンセルはできる限り早く行うことが大切になります。
そしてできる限り自己都合のキャンセルは行わないようにすることが重要です。
そうすることで無駄なお金を取られてしまうことがなくなるでしょう。

払い戻し方法も確認しておく

天候不良や自己都合でキャンセルをした場合には、どのように払い戻してもらえるのかも必ず確認をしておきましょう。
天候不良の場合には窓口で払い戻しが可能ですが、自己都合でのキャンセルは、航空会社によって方法が異なっています。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 格安航空券を購入する場合には、インターネットを用いよう All Rights Reserved.