夏の空

往復の格安航空券購入

旅行へ行くような場合には、行く日は当然決まっているでしょうが、帰ってくる日や時間もきちんと決まっていることが多いでしょう。このような場合には、行きと帰りにそれぞれ片道分のチケットを購入する方法もありますが、まとめて往復分を購入するという方法もあります。

往復での購入はとても便利

航空券
往復でチケットを購入するというのはとても便利で楽です。
なぜなら帰りの分を購入する手間が省けるからです。
しかも行楽シーズンというのは、飛行機もすぐ満席になってしまうことが多いと言えるでしょう。
そのため、帰りに購入するとチケットが取れないという事態になる可能性もあります。
このような事態を防ぐためには、往復で購入した方がよいのです。
もちろん格安航空券であっても往復分購入することは可能になっています。
往復チケットを購入するときには、航空券のタイプを必ず往復にしておかないといけません。
通常インターネットで購入することが多くなるでしょうが、最初から往復になっていることが多いものの、サイトによっては片道になっていることもあるので、必ず往復の欄をクリックしておくことが重要です。
当然ですが、往路と復路の両方の情報を入力しなければいけなくなります。

往復購入にはデメリットもある

格安航空券で往復分のチケットを購入する場合には、帰りの分を購入する必要がないことや、帰りに満席でチケットが購入できないというトラブルを回避できるなど、いろいろなメリットが存在しています。
しかし、メリットもあればデメリットも存在しているのです。
では、どのようなデメリットが存在しているのでしょうか。
それは割引率が低くなっていることが多いという点です。
格安航空券の場合には、片道の方がより割引率が高くなっていることが多いので、往復分を購入するより、面倒でも片道ずつ購入した方が安くなることが多くなっています。
また、全ての区間や日時に対応していないので、行きはまだよいのですが、帰りの分はある程度日時が限られてしまうというのがデメリットです。
比較的短い期間のみになっているので、長い期間旅行をする計画を立てている場合には、往復で購入できない場合もあるので注意しましょう。

台風シーズンは払い戻しになることも多い

晩秋から初秋にかけては、台風がとても多くなります。
運悪く台風にあたってしまえば、飛行機は当然飛びませんので空港内で待ちぼうけという事も十分あり得ます。
特に九州や四国、沖縄などは頻繁に台風が上陸することが多いので、往復でチケットを購入してしまうと、特に帰りは運休してしまい、払い戻しになることが多いと言えるでしょう。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 格安航空券を購入する場合には、インターネットを用いよう All Rights Reserved.