夏の空

飛行機に乗る際の手荷物について

飛行機に乗る場合には、ビジネスであっても旅行であっても手荷物は必ずあると言えるでしょう。鉄道や船であればそのまま載せられますし、バスであればトランクに入れてもらうようになるのが一般的です。では、飛行機の場合はどうなのでしょうか。

持ち込める手荷物は統一された

ハンドバッグ
以前は航空会社によって持ち込める手荷物の種類や大きさなどが変わっていたのですが、現在では日本国内全ての航空会社で、持ち込める手荷物の種類や大きさが統一されています。
よって利用する航空会社によって異なるということはないので、どこの航空会社を利用する場合であっても安心できるでしょう。
また、飛行機の座席数によって持ち込める荷物の大きさも異なっているので、この点には注意しておきましょう。
持ち込みができない荷物に関しては、当然預けることになるのは知っているでしょう。
では機内に持ち込める荷物はどれぐらいまで可能になっているのでしょうか。
座席数が100席以上ある場合には、3辺の和が115センチ以内、幅が55センチまで、奥行きが25センチまで、高さが40センチまでとなっているのです。
座席数が100隻未満の場合には、3辺の和が100センチ以内、幅が45センチまで、奥行きが20センチまで、高さが35センチまでという決まりがあります。
これは格安航空券を利用した場合でも同じです。

預ける荷物にも規定がある

飛行機の持ち込める荷物は基本的に統一されているので、航空会社によって違いはありません。
しかし、預ける荷物の規定は航空会社によって異なっているのです。
そのため、どれぐらいの荷物なら預けることができるのかを事前に確かめてからチケットを購入しないといけません。
預けられる荷物は航空会社によって変わってくるので、飛行機の座席数や格安航空券など、チケットの種類によって変わってくることはありません。
また、航空会社によっては、預けることができる荷物の個数にも制限がある場合もあるのです。
預けることができない荷物がある場合には、基本的に宅配便などを使って配送してもらうしか方法がないでしょう。
あらかじめこのような荷物に関する規定も知っておかないと、せっかくお土産を購入しても、持ってこられないという事態になることがあります。

制限内でも持ち込みが不可能になる荷物もある

荷物のサイズ的には全く問題がなくても、機内への持ち込みが不可能になる荷物も存在しています。
例えば刃物や一部のライター、一部のリチウム電池などは持ち込むことができないので、事前に確かめておきましょう。

Similar Posts:

    None Found

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 格安航空券を購入する場合には、インターネットを用いよう All Rights Reserved.